もくれんの映画日記

趣味のかたよった読書と映画鑑賞の日記です。

汚くて渋くて大人の男のスポコンコメディ

なかなか見る機会がない映画というのがある。

若い時は映画雑誌とか買いあさってむさぼり読んで、情報集めをしていたが、今はそういうヒマも根性もなく、のんびりとした映画好きな毎日を送っていると、向こうから強制的に宣伝をしてくれないと知らないまま過ぎ去ってしまう映画も多い。

 

そんな時、まわりに映画好きな知り合いがいると「おすすめ」してくれるからひじょうにありがたい。

 

ミーン・マシーン [DVD]

ミーン・マシーン [DVD]

  • 発売日: 2012/11/22
  • メディア: DVD
 

 

「ミーン・マシン」のように、主演「ヴィニージョーンズ」
誰だっけ?

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」「スナッチ」のあの人って聞くと、「あー、あの人!」という感じで思いだした。
こんなふうに脇役っぽいイメージの人が、初主演の映画とかになると、見逃す場合はとても多い。

 

それでもあまり期待しないで見たのだけど、これが大当たり。ロックストックやスナッチの雰囲気そのまま、いやもっと単純に笑えるかも。男ばかりのあのお馴染みの雰囲気で、なんとスポコンコメディなんですねえ、これがまた。

 

舞台は刑務所。
新入りのダニーは、元サッカーのスター選手だったが、八百長事件でサッカー界から追放される。やけになり、乱れた生活の果てに障害事件を起こし刑務所へ。

所長がサッカー好きで、自分のサッカーチームのコーチをするように言われるが、ダニーは断る。この所長けっこう公私混同でかなり胡散臭い人。

お決まりどおり、刑務所の面々は超絶個性的で、ありがちな新入りいじめでボコボコにされたりと、ダニーにとっては過酷な時間が続く。

しかし、それがなければ後半の面白さはやってこない。
成り行きで、刑務所の看守チーム対囚人チームのサッカー試合が行われることになり、ダニーは囚人チームを率いて戦いに挑むことに。

ここからはもうスポコン!
ややこしい奴らが仲間になり、個性を活かして実力を発揮し、カッコいいことこの上ない。

目新しい部分は皆無といっていいほど、お決まりの流れ。でもこれが男ばかりの小汚くてシャレた世界を描く「ガイ・リッチー」総指揮の元に展開されると、こんなにもイキで楽しい映画になるものか。

 

 

 

予想外で嬉しかったのは、ジェイソン・ステイサムが出演していたこと。
囚人の1人で、あまりに凶暴すぎるので特別な囲いの中に収容されている男。
金網の中でもくもくと鍛えている切れてるヤツがジェイソンステイサムとわかった瞬間、笑った笑った。
もちろん試合で暴れまくるが、もうめちゃくちゃ。

 

ディズニー映画も手掛けるガイリッチーだけど、彼の本質はここにある!と言ってしまいたくなるような、男の世界。美しくロマンチックな映画が好きな人はダメかもしれない。

 

少林サッカーを初めて見た時、転げ回って笑った記憶がよみがえる。そこまで単純に笑える映画ではないけれど、どちらかというと大人のスポコンコメディかな。「メジャーリーグ」をもっと渋ーくこじんまりとさせた感じ。スポコン映画はルールを知らなくても笑える、楽しめる。

 

またロックストックやスナッチが見たくなりました。