もくれんの映画日記

趣味のかたよった読書と映画鑑賞の日記です。

人生で見残さないでよかった「スキャナーズ」

知らずに数十年たってしまった映画。
カナダの映画ということもあるかもしれないし、
80年代初期という時代もあるかもしれない。
なんせ、80年代は他に見るものが多すぎた。

 

 

 

 

浮浪者のベイルは、客の食べ残したハンバーガーをむさぼり食っていた。それを見ていた近くの席の女性たちが露骨に非難の目を向けコソコソヒソヒソ。
イラついた表情で鋭い視線を彼女たちに向けてしまったベイル。
そのとたん、女性の1人が苦しみだし倒れ、もんどりうってもがき始めた。

拘束されることになったベイルは、ルース博士という人物と出会い、実は自分が強力な力を持つスキャナーであることを知らされる。そして、悪事をたくらむもう1人の強力スキャナー、レボックの存在を教えられる。スキャナーたちの命をねらうレボックたちの組織と、ベイルを含むルース博士側の組織との壮絶な戦いが始まる。

 

超能力弁当

超能力弁当

  • 発売日: 2017/11/02
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

超能力者どうしの戦いのストーリーなので、ホラーというよりもSFスリラー。
念じるだけで人を殺したり、相手の脳やコンピューターの中を覗いたり取り込んだりができるので、画像的には派手なものはあまり無い。

 

ストーリー自体もさほど複雑ではないので、1つ間違えば昼寝に突入していたかもしれない。しかしその1つを間違えなかったのですね。
要所要所のつかみがうまい。

レボックが聴衆の面前で人頭を破裂させるという凄まじい場面。電話回線を使いコンピューターをスキャンしていくベイルと、それに気づいて逆に攻撃をしかけ、ベイルの脳を破壊しようとたくらむ敵との攻防。ウトウトしかけると叩き起こされるタイミングがバッチリ。

そしてなんといってもクライマックスの2人の戦い。まったく触れ合うことなくお互いを攻撃し合い、顔や体が崩れていき、出血していく恐ろしい状況。CG無しでのあの凄まじい状態は目が離せなくなるリアル感。

 

そこで明かされる真実も、ストーリーを全然重要視していなかったこちらとしては、「そうだったのか…」と素直な心で驚いてしまった。

 

ザ・フライ」の監督、「エクソシスト」や「インディージョーンズ」の特殊撮影スタッフと知って納得。さすが80年代のパワー。

 

人生において、まだまだ見残している映画はいっぱいありそうだ。とりあえず見てよかった映画だった。
それにしても、レボックの役者さんジャックニコルソンに激似。最初「えっ?」と思ったけど、後で調べるとけっこう激似で有名な人だそうだ。近年の写真で見るとまったく似ていないのにね。

ジャックニコルソンの方が変わらなすぎなのかも。