もくれんの映画日記

趣味のかたよった読書と映画鑑賞の日記です。

お父ちゃんたちが強すぎる壮絶アクション映画4本

“お父さん” じゃなくて、お父ちゃん”” と、あえて呼びたい。
その方が普通のおっちゃんぽい。
でも実は全然普通のおっちゃんじゃなかったお父ちゃんたちの活躍する映画を拾ってみた。

 

「96時間」

 

 

前回記事でも書いた映画。元特殊工作員のお父ちゃんが家族のために引退して、ボディガードのお仕事に専念していた。とはいえ、離婚している。

 

でも娘のことは大好きで、娘もお父ちゃんへの甘え方を知ってる子で、そこそこうまくいってるみたいだったのだか、ある日娘がお父ちゃんの反対を押し切って、フランス旅行に行くことに。

 

娘はしっかりと人身売買の組織に誘拐されてしまうのだが、そこからお父ちゃんが特殊工作員の人脈と実力をフルに発揮して娘救出に向かう。


この映画の面白さは、仕事のためでも国のためでもなく、ひたすら個人的な事情で闘うこと。娘のためにまっしぐらに突き進む特殊工作員のアクションシーンは爽快。

 

よかったねキムちゃん(娘)、パパが元工作員で。

 

トレイン・ミッション

 

 

96時間が、たまたまパパの職業が元工作員だったんでよかったんだけど、こちらは元刑事という職業を利用されてしまったお父ちゃんの話。気づかなかったんですが、どちらもリーアム・ニーソンだった。

 

60歳の保険セールスマンマイケルは、ある日突然解雇を言い渡される。失意の中、帰路につく電車の中で、彼は一人の見知らぬ女に声を掛けられる。

 

女性はマイケルに1つのミッションを告げる。この電車が終点につくまでに、乗客の中からある一人の人物を探し出すというもの。用意された大金に目がくらむが、あまりにバカバカしい話に乗らないつもりでいたマイケルだったが、妻が人質に取られていることをしり、ミッションに挑まざるを得なくなる。

 

実はこの計画は、偶然ではなく彼が元優秀な刑事だったからこそ持ち掛けられたことで、悪人に利用されることになるのだが、顔もわからない謎の人物を探すうちに、ことの真相が次第にわかってくる。

 

電車の中だけで完結するストーリーでありながら、スピーディーな展開と謎解きは目が離せず面白さ抜群。誰が悪人なのか、背後にどんな出来事が隠されているのか、まったくわからないまま進んでいくが、マイケルが突き進めるのは乗客たちの存在あってこそというのがポイント。

 

毎日遠距離通勤している彼等は顔見知りなのだ。怪しいのはいつもは見ないやつ。つまり普通のお父ちゃんたちありきのストーリー展開になっている。

 

そして犯人の誤算は、そんなお父ちゃんお母ちゃんたちがけっこう勇気をもっていたこと――。

 

「Mr.ノーバディ」

 

 

冒頭、工場の職場や家での会話、ゴミ出しの姿などが繰り返し流され、何の個性もない誰でもない男(Mr.ノーバディ)感が、見ている者にインプットされる。倦怠期の妻、思春期の息子、まだ幼い娘の中で暮らす普通のお父ちゃんハッチ。

 

ある日ハッチの家に強盗が入るが、反撃を躊躇したために逃げられてしまう。息子に責められ、ますます家族の心が離れてしまったハッチは、バスの中でチンピラグループと遭遇する。

 

悶々としていたハッチは怒りにまかせてチンピラグループを叩きのめしてしまう。この場面で、実は強いんじゃないのお~と思うがさほど強さは感じない。けっこう自分も叩きのめされている。運が良いのか悪いのか、結果チンピラの1人が死んでしまう。

 

彼の運命はそこから変わり出す。なんと死んだ男がマフィアのボスの弟だったのだ。復讐に燃えるマフィアと普通のお父ちゃんの戦いがここから始まる。

 

コメディ感もあるこの映画は、とにかく楽しくて、次第に強くなっていくハッチがだんだんカッコよくなっていき、「やっぱりただものではないぞお」というのがだんだんわかってくるのだが。

 

嬉しかったのが、クリストファー・ロイドが高齢者施設にいるじいちゃんの役で出ていて、いい味出している。

 

だいぶ前に見たんだけど、もう一回観たいです。スカっとする!

 

「キャッシュ・トラック」

 

 

今までは普通のお父ちゃん感から始まった皆さんだったが、こちらは最初っからそんなもん全然ない。なんせ、ステイサムだもの。

 

セキュリティ会社の警備員として雇われたステイサム演じる通称H。こちらの警備会社は現金輸送専門でトラックを運転する警備員たちは特殊な技能を持ったムキムキ男たち。

 

寡黙で仲間にもなかなか馴染まないHだが、ある日彼の乗ったトラックが強盗に襲われる。しかし驚くべきパワーとスキルで強盗達をなぎ倒した。ただものではない感を溢れさせたHは、いったい何者なのか?この会社に入つた目的は?

 

徐々に明らかになっていく事実の中に、彼が普通の子供思いのお父ちゃんだった姿が見えてくる。すべての原因の発端と、彼の目的はただ一つ――。

 

ガイリッチーとステイサムのコンビと聞いただけでワクワクしながら公開を待っていたこの映画、予想どおりの凄まじいアクションにお腹いっぱい。

 

 

いろんなパターンのお父ちゃんたちがいたけど、彼らが過去の自分を復活させて命をかけたのはすべて家族のため。でもお父ちゃんのインパクトが強すぎるので、ラスト平和に出てくる家族の存在感、めっちゃ薄い。

 

 

「真実の行方」は真相がわかってくればくるほど惹きこまれる

人の顔を覚えるのがすごく苦手な方なので、役者さんの顔もなかなか覚えない。
すっごく個性的な顔してるのに、どうしても覚えられない人もいて、その中の1人がエドワード・ノートンだ。

 

「真実の行方」は、文学のような題名と2時間超える上映時間で、面白いと聞きつつも二の足を踏んでいた映画。

 

 

大司教が自宅でめった刺しにされて殺されていた。事件発覚の直後に、容疑者として血まみれで逃走していた青年アーロンが捕まる。この青年がエドワード・ノートンだ。

 

彼の弁護を引き受けたのがリチャードギア演じる売れっ子弁護士マーティン。
無実を主張するアーロンの弁護に、その腕前を発揮し活躍するのだが、事態は思わぬ方向に展開していく。

 

本当に彼は犯人なのか、真相は何なんだという視点から、物語は離れていくように思える。正直、だんだんと予想がついてくる感じで、どんでん返しものと言いつつも、意表をつくような結末にはならない。

 

しかし、この事件をリチャードギアや女検事さんがどう落としていくのかというのに引っ張られる。そしてこの映画でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたというエドワードノートンの狂気に満ちた演技に、魅了される。

 

彼の表情はどうしようもなく気持ち悪い。こいつが犯人であろうがなかろうが、気持ちの悪いと思ってしまうのは、元々好きな顔つきじゃないからなんだけど。

 

アーロンの役にほぼ決まっていたというディカプリオだったら、この気持ち悪さは感じなかったろうなあと思う。レオさまには悪いが、あなたはやっぱり爽やかすぎる。

 

エドワードノートンにとってこの映画がデビュー作というのを知って驚いた。
加えて「ファイトクラブ」の主役がエドワードノートンだったと知ってまた驚いた。
こんな個性的な顔気づくだろうと思うのだが、ブラピしか脳裏に浮かばない。

 

 

確かに、あの主人公も気持ちの悪い男だった。自分で自分を殴る鬼気迫る場面には、引いた。
つまり彼は、エドワードノートンという役者は、壮絶に演技がうまいのだ。
結局この映画、自分にとってはその一言に尽きる。

真実の行方ではアーロンでしかなく、ファイトクラブでは主役のジャックでしかありえない。なので、エドワードノートンという個性的な顔が自分の中には無いんだ。

 

パラグアイの大ヒットホラー「モルグ/死霊病棟」

パラグアイのホラーを見た。

 

モルグ 死霊病棟 [DVD]

モルグ 死霊病棟 [DVD]

  • ウィリ・ヴィジャルバ
Amazon

 

深夜の病院、モルグで体験する恐怖の出来事。
定番ともいえる設定は、ホラーとしては安定した怖さが期待でき、おやつ食べながらのんびり見れそうだと思って見ることにした。

 

チャラくていい加減な性格出しまくりの主人公の青年ディエゴは、ひき逃げをしてしまう。自宅で不安にかられていたその夜、病院の夜警の仕事が入る。


交代勤務の警備員に案内されたモルグには、シーツをかぶせられた死体が1人いた。
聞くと、彼はさっき警察が見つけたひき逃げの被害者だという。

まあまあ絶対そうだろ。こいつがいろいろとやってくれるんだな、と期待がかかる。
そして一人になったディエゴに、お決まりの怪奇現象がじわじわと襲い始める。

 

コップが勝手に動いたり、自撮りの背後に変なものが映ったり――。
疑問と恐怖といら立ちでゴチャゴチャになっていくディエゴは、誘われるようにモルグへと入り、そこで恐ろしい目に合うのだが――。

 

この映画、けっこう評価が低い。
でもつくづくホラー映画の評価って人それぞれ度がすごく強いジャンルだと思うので、あまり気にしないで見るのだが、これも嫌いじゃない。

 

というか、ホラーそのものが好きなので、どんなものでも比較的受け入れる耐性ができているんだろうな。

 

ディエゴを撮るカメラワークでは、常にディエゴの背後が気になる。目線が行くのはいつも背後の暗闇。アップで映る人物の後ろでスーとドアが開いたり、何かが横切ったりは死霊館なんかでよく見る場面だけど、そういう緊張感を与えてくれる。

 

お約束どおりいろいろ出てきてくれるんだけど、でもこいつらいったい誰なんだという謎は残る。まあ、病院なんだから、それはいろんな方がいるでしょう。

 

お化け屋敷みたいなもんだな。誰だかわからないものに追いかけまわされるけど、そのシチュエーションが楽しいという。

 

最後まで見させてくれればそれでいい。
特に最後は、なんか別の映画のラストを急に見せられたような感じで、笑ってしまったけども。

 

まあ一つ注文をつけるなら、停電とはいえ部屋が暗すぎて見づらい。
普通こういう場面では、目を背けがちに、ちょっと引き気味で見るのが暗闇シーンなんだけど、「え、何かいるのか?出てるのか?」とかぶりつきで目を凝らしてしまった。

 

ハリウッドでリメイクされるらしいけども、最近ちゃんとリメイクって宣言するだけいいよね。昔は堂々とパクっていらっしゃることもあったけど。

滑稽すぎるくらいまっしぐらなアクション「96時間」

たとえばアクション映画などを、旦那や子供と見ていると、
主人公の嫁や子供が人質にとられて、一挙に劣勢にたたされる場合がある。

 

そんなとき、彼等は「これやから女子供は~」「足手まといやっちゅうねん」「おもんないねん」「もうほっとけやあ」と無差別発言を繰り返す。
子供なんざ、自分も子供だという己の立場を忘れてほざいている。

 

確かに、登場したとたん「あ、こいつさらわれるな」というのがわかるものは多い。
でもそれはそれで1つのお約束場面なのだから、しょーがないではないか。

 

しかし、旦那がうっとおしがるお約束場面をそこだけ取り出してメインにした映画がある。

 

 

元秘密工作員の主人公は、離婚しても17歳の娘キムちゃんのことが心配でたまらない。
キムちゃんもまたいい子だから、ちゃんとおとうちゃんが安心する対応をしている。単にうるさいからなんだろうけど。

 

その大事なキムちゃんが友達とパリに旅行したいと言い出した。ブライアンお父ちゃんは、元秘密工作員だから世の中が恐ろしいヤツでいっぱいなのを良く知っている。なので当然のことながら反対する。

 

嘆くキムちゃん、怒り爆発するお母ちゃんに根負けしたブライアンお父ちゃんは、毎日電話すること!などの条件を出して承知する。

 

そこまでは、見ているこっちとしてはお父ちゃんに、むしろイラつきを感じる。しかし、予想どおりキムちゃんはしっかりパリで人身売買の悪いやつらに誘拐されるのだ。

 

そこからは、ただひたすら娘の行方を追いかけるだけのストーリー。ブライアンお父ちゃんは元秘密工作員の知識と人脈を使い、危ないおっさんのブライアンとして壮絶アクションを繰り広げる。

 

呆れるくらいのまっしぐらさは、カッコイイをとおりこしてどこか滑稽でもある。
そう、滑稽なくらいの親の愛情をストレートにわかりやすく、爽快アクションとして見せてくれる。

 

面白かったです。
カッコ良すぎるダディじゃなく、お父ちゃんぽいところがなお良かった。

 


旦那の後頭部を押さえつけて、無理やり見せてやりたいが、元より映画をほとんど見ない男なので、そんなことをする気もわかない。

 

彼はたた単に、大好きなシュワちゃんブルース・ウィリスの活躍を邪魔するものが許せないだけで、それがたまたま女子供であったというだけなのだから。

 

重すぎるスラッシャーホラー「キャンディマン」

鏡に向かって5回その名を唱えると、キャンディマンが現れ殺される――
という都市伝説にそって展開されるホラー映画。

 

 

何も考えずに見れるホラー映画だと思っていたら、めちゃくちゃ考えさせられる映画だった。とにかく重い。ヘレディタリーのように胸糞悪いわけではなく、とにかく重い。

 

ストーリーは単純で、アーティストのアンソニーは作品制作のためにキャンディマンの都市伝説を調べていた。その取材である公団住宅を訪ねたおり、都市伝説の事情を知る一人の老人と出会う。

 

老人から聞いた話は、悲惨で辛いものだったが、それからアンソニーのまわりで奇妙な出来事が起き始める。アンソニーがキャンディマンをモチーフにした作品を完成させると、ふざけてキャンディマンを召喚してしまった知人が殺される――。

 

「ゲットアウト」の監督が制作に関わっていると知って納得。黒人差別の問題が根底になっているストーリーだ。でもゲットアウトほどのエンターテインメント性は感じられない。

 

奇妙な感覚を覚えたのは、スラッシャー映画特有の犯人や怪物の姿がはっきりと表現されないことだった。キャンディマンそのものの存在が漠然としている。ちゃんと存在しているし、ドーンと居るのだけれど、とても薄く感じるのだ。

 

まさにそこにこの映画のテーマが凝結している。
「キャンディマンとは何者なのか」

重くて悲しいテーマではあるが、スラッシャーホラーとしては存分に楽しめる。
女子高生(?)たちが、トイレで鏡に向かって禁断のセリフを唱えた後に起こった惨劇場面なんかは、なかなかの怖さ。

 

 

 

後で知ったのだけど、この映画は1900年代に作られた映画の続編にあたるのだとか。もちろんこれだけ見ても楽しめるのだけど、ちょっと見たい気もするなあ、リメイクじゃく続編となると。

「ナイブズ・アウト」の探偵さんをまた観たいので続編期待

高評価で、アガサクリスティーに捧げる本格ミステリーという情報だけで、キャストも確認せずに見た。

 

 

先月ようやく念願の「ハロウィンKILLS」を見たばかりだったので、「うわぁ❤おかーちゃん」とジェイミー・りー・カーティスを見て喜んだ。

 

ローリーとサラ・コナーは自分にとって最強おかあちゃんであり、憧れのバーさんでもあるので、女優としての2人を違う映画で見るのも嬉しい嬉しい。

 

髪の毛振り乱してブギーマンをぶった切るローリーが、すっきりショートカットの粋な婆あになっているのが、また素敵。

 

ストーリーは、まさにミステリーの基本とも言うべき、内容が展開する。
有名な推理作家の誕生日パーティーが自宅の屋敷で開かれ、翌朝その本人の遺体が発見される。富豪であった彼には、ややこしい家族がいっぱい。複雑な人間関係がワクワクさせる。

 

屋敷で一人一人を尋問する刑事の背後の暗闇に、ゆったりと座っている人物。依頼を受けて参加したこのストーリーの探偵役ブラン。なんと007じゃないか。この映画はミステリーでもあるが、コメディ要素も強いので、スパイの顔しか知らない自分にとってはダニエル・クレイグがとても新鮮。

 

自殺か他殺か、他殺なら犯人は誰?という目線でストーリーを追っていくのだが、この映画はけっこうあっさりそんなシンプルさを裏切ってくれる。

 

あれ?どうなるんだろ――と思いながら見ていると、くるくると引っ張られるように意外な展開に飲み込まれていく。あれこれと考える余地がないスピーディーな展開がみごと。

 

最近重たい系、暗い系の映画ばかり見ていて、気分がどよ~んだったんで、現実離れしつつ、しっかり論理的で、これぞエンターテインメントだ!というのを堪能させていただけて、楽しかった。

 

ダニエル・クレイグの探偵さんをまだ見たいと思っているのは、きっと世界中にいると思います。

 

余談だけど、ハロウィンKILLSは個人的な意見としてまあまあだったなあ。ローリーあんまり活躍しなかったし、マイケル最強すぎて――もうジョン・ウィックやん。

 

 

ずっとインビジブルのことだと思っていた「透明人間」

透明人間という映画が面白いと聞いていたけど、ずっと「インビジブル」のことだと思っていて、見てなかった。

 

透明人間 (字幕版) (4K UHD)

透明人間 (字幕版) (4K UHD)

  • エリザベス・モス
Amazon

 

インビジブルはかなり前にテレビで何回もやっていたので、何回も見た。
傲慢な科学者が透明になったたものの、戻れなくなってしまってヤケになって仲間を殺しまくるというホラーならではの理不尽な内容。

 

で、新たに見た透明人間は、こいつもやはり科学者で傲慢で、好きな女性を人里離れた自分の豪邸に閉じ込めてパワハラセクハラドメスティックのなんでもありで暮らしている。

 

その女性が逃げ出すところから映画は始まる。
無事逃げ出せたものの、怯え続けるトラウマな毎日を送っている彼女だったが、ある日男が自殺したことを知り、ようやく心を落ち着けることができたのだが――。

 

お約束のように、彼女のまわりで透明人間ならでは奇妙な出来事が起こり始めるという展開。透明人間の存在の面白さは、まさに映画ならではだと思う。

 

ただ、ものすごいホラー感はこの映画にはない。透明人間は女性を殺すつもりはなく、彼女のまわりで大切な人や物を奪い、精神的に追い詰めるのが目的。

 

透明なストーカーと戦う彼女だが、追い詰められていく状態が気の毒で、でも目が離せなくて、絶対負けないんだろうけど、どういう展開に持っていくんだろうと、ワクワク見れる。

 

インビジブルと違い、ホラーというよりはサイコサスペンスといった感じで、ラストも納得の気持ち良さ。いや、人によっては気持ち悪さもあるかな。

一番斬新に感じたのは、透明人間になる方法。
今までだったら絶対何か飲むでしょ。
もしかしたら、これだったら作れるのかも――と思ってしまう技術でした。

 

インビジブルも見たくなってきた。飽きるほど見たけど10年以上見てないや。